お待たせしました!!


mailmaga



お待たせしました!!

先日、お話しました画期的な、

濃いリストが勝手に集まるシステムをご紹介します。



「リストが重要だって言うけど集め方が分からない…」

「無料レポートや懸賞リストじゃ薄くて意味ないしなぁ…」

「コツコツ数人のリスト集めたところで何にもならないし…」



こんな悩みがあるなら、
“あるシステム” で完璧に解決できます。



>> 続きはこちら






ビジネスにはリストが命です。





ネットビジネスのみならず、あらゆるビジネスにおいて、

リスト (顧客名簿) は重要なアイテムになります。



リストをより多くもつことで、収入もグンとアップします。



江戸時代の商人は、家が火事になると、

真っ先に顧客台帳を井戸に投げ込んで逃げたそうです。



家を失っても、商品やお金が無くなっても、

顧客台帳さえ残っていれば、また一から商売を

やり直せる事を知っていたからです。



今日はあなたに紹介したいものがあります。



>> 続きはこちら






バーナム効果とは?

バーナム効果とは?



01



こんにちは。POKEです。



不特定多数の人に当てはまる様な条件や性質などを記述し、

それがあたかもその人個人だけに当てはまる、

正しいものだと信じさせてしまう心理的テクニックです。



これは主に、占い師などが使うテクニックとして有名ですが、

これをビジネスで活用するには、

どんな使い方になるか考えてみましょう。



>> 続きはこちら




ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック


1040



こんにちは、POKEです。



今日は、

「返報性の法則」
(人は何かを与えられたら、その相手にお返しをしたくなる心理の定義)


の中から、


「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」 についてお話ししたいと思います。



これは、「拒否させた後に譲歩するテクニック」 とも呼べます。




>> 続きはこちら




ヴェブレン効果

ヴェブレン効果



houseki


本日まで3回に分けて解説しました、

あらゆる消費者心理の効果の第3回目です。




第1回目は 「バンドワゴン効果」

第2回目は 「スノッブ効果」


についてお話しました。



第3回の今回は 「ヴェブレン効果」 についてお話したいと思います。



>> 続きはこちら






スノッブ効果

スノッブ効果

dragon_ball_r1_c1



前回は、「バンドワゴン効果」についてお話しました。

第2回目の今回は、 「スノッブ効果」 について解説します。



「バンドワゴン効果」は、多数の人が持っているものが、

少数派の人に影響を与え、欲しくせてしまうというものでした。



>> 続きはこちら






(バンドワゴン・スノッブ・ウェブレン)効果

(バンドワゴン・スノッブ・ウェブレン)効果




sc2




この3つの効果を3回に分けて、

解説していきたいと思います。


第1回目の今日は 「バンドワゴン効果」 についてお話します。



>> 続きはこちら






付加価値を与える






今回は、物事を見る角度を変えて、
新たな価値を作り上げるというお話をしたいと思います。



例えば、引越しの際に出た、黄色いチェアーがあるとします。
特に綺麗とも言えないし、捨てるにしてもお金がかかります。



そこで、リサイクルショップに持って行ったり、
ヤフオクなどで、「この黄色いチェアー売ります」と出せば、
いつかは売れるかもしれませんが、安くででしか売れません。



そこで…


>> 続きはこちら






コントラストの原理とは



rainbow




これは、簡単に説明すると、最初に提示されるものと、

2番目、3番目に提示されるものが異なっている場合、

単体で見せられた実際のものより大きくずれて感じてしまう原理です。



ものすごく分かりやすい例を出すと、、、



>> 続きはこちら






希少性の原理


limit



希少性とは,簡単に言うと、

人は手に入らないものほど欲しくなるという心理のことです。



今日は僕が好きで良く観ていた 『Liar Game』 という


ドラマの 「天使と悪魔ゲーム」 で、



この希少性を使った心理誘導をしているシーンがあるので、

まずこの動画を観てみて下さい。




>> 続きはこちら






13 / 14« 先頭...1011121314
 

【無料】PC1台で出来る、理想のビジネス構築法

自由な人生を送る〇秘方法

おすすめの著書 その1

おすすめの著書 その2

おすすめの著書 その3

スポンサーリンク

ページの先頭へ