コントラストの原理とは

rainbow




これは、簡単に説明すると、最初に提示されるものと、

2番目、3番目に提示されるものが異なっている場合、

単体で見せられた実際のものより大きくずれて感じてしまう原理です。



ものすごく分かりやすい例を出すと、

あなたは、右手をちょっと熱いお湯に入れています。

そして、左手は氷の入った冷水に入れています。

その後、両手をぬるま湯の中に入れます。



すると、どうでしょう、、、

同じ温度のぬるま湯に手を浸しているのにも関わらず、

右手は少しひんやりと感じ、

左手はあったかいと感じるはずです。



その他には、、、



最初に軽い石を持ち上げてから、重い石を持ち上げると、

最初からその重い石を持ち上げた時より重く感じます。



これが最初に見たり聞いたり感じたものと、

次に提示されたものとの差異によって、

起こされる コントラストの原理 です。



これは、日常のビジネスの中でも使われています。



例えば、ある賃貸業者のルームアドバイザーは、

お客さんに部屋を紹介するときに、


最初にわざと古くて綺麗ではない物件から紹介して、

次に家賃は同じで、本当に自分が紹介したい、

リストに上がっている物件を紹介するそうです。



すると、お客さんは目を輝かせて喜ぶそうです。



そもそも最初に見せる物件は、ただ見せるだけの為に、

用意されていただけだったのです。



この様にオンライン・オフラインどちらのビジネスでも、

非常によく活用されている原理です。



この原理をあなたのビジネスにも取り入れて、

実践してみてはいかがでしょうか?






コメント

コメントを投稿する




コメント内容

CAPTCHA


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
 

情報案内人 POKE

インフォトップ成果実績

ブログランキング

POKE の無料レポート

POKE の facebook

おすすめASP

カテゴリ一覧

ビジネスにおいて欠かせないマーケティングとコピーライティングが学べる教材!

ブログとメルマガで大きく稼ぎたい人必見!!

ツイッターを完全自動化して稼ぐツール

おすすめの著書 その1

おすすめの著書 その2

おすすめの著書 その3

スポンサーリンク

ページの先頭へ