【危険】あなたはこうやって操作される

danger


いつもご訪問ありがとうございます、POKEです。



土曜日、あなたはセール中の、

大型家具店に来ています。



「見るだけならタダ」と思ってきたのですが、

店員に声をかけられ話を聞くうちに、

だんだん新しいベッドが欲しくなってきました。



今なら半額。しかも現品限り。



先ほど興味を示したお客さんに、

買われてしまうかもとのこと。



冷静になろうと一旦場を離れて、

30分後に戻ってきたら売約済みのカードが、、、



「しまった…とてもよい商品で
しかも半額で買えたのに、、、
もったいないことをした!」



後悔でいっぱいになってると、

店員から魔法の言葉が聞こえてきました。



「お客様!今さっき買われた方の
カードの上限額がいっぱいで
ご購入できなかったそうです。」



「ツイてる!」と思い、すぐに購入を決めました。



本当は買うつもりなんてなかったのですが、、、



それでは、、、

どうしてあなたは購入する気のなかった

新しいベッドを欲しくなってしまったのか?



そして何が原因で、

購入まで至ってしまったのか?



ここでは「切迫感」という心理トリガーが働き、

あなたの購買を決定させています。



もしこの店員があなたを操作しようと、

あの魔法の言葉(実際は真っ赤な嘘)を使っていたなら、

あなたは完全に操作されたことになります。



そうです、、、

人の行動は、ある程度 「操作」 できることが分かっているのです。



当然それを知っている人は、

知らない人よりも有利に販売を進めることができるわけです。



その方法をこの書籍 「説得の心理技術」 で公開しています。
(p38〜プロが実践している人を操作する9つの方法を読んで下さい)



が、、、



悪用厳禁です。

XZq00q357

    

ff2






コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

CAPTCHA


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
 

情報案内人 POKE

インフォトップ成果実績

ブログランキング

POKE の無料レポート

POKE の facebook

おすすめASP

カテゴリ一覧

ビジネスにおいて欠かせないマーケティングとコピーライティングが学べる教材!

ブログとメルマガで大きく稼ぎたい人必見!!

ツイッターを完全自動化して稼ぐツール

おすすめの著書 その1

おすすめの著書 その2

おすすめの著書 その3

スポンサーリンク

ページの先頭へ