成功する人としない人の決定的な違いとは

ICWKZA3cb


いつもご訪問ありがとうございます、POKEです。



今回は、成功する人としない人の決定的な違い について、

お話ししたいと思います。



ハッキリ表れた成功への境界線


最近、ネットビジネスで成功したいという方と、

お話しをさせて頂く機会が多くなりました。

そのせいか、30分話しただけで、

その人が成功する人か、そうでない人か分かる様になりました。



ご本人は、気付いていないのかもしれませんが、

その違いは、スタートする前から歴然とした差があります。



すぐに成果を出せる人と、いつまで経っても変われない人の差とは?


それでは、次に成功する人としない人の、

火を見るより明らかな 「差」 についてお話しします。



まず、成功すると言っても最初から膨大な知識を持っていたり、

一度見たり聞いたりした事を、すぐに自分のものにして何でもこなせる

天才でなければいけないという必要は全くもってありません。



では、成功するためには、何が重要でしょうか??

chk08 絶対に達成したい明確な目標・目的がある

chk08 成功するための投資意識が高い

chk08 失敗を人のせいにしない(誰かに依存しない)



この3点が揃っている人は成功する確率が極めて高いです。

そして必ずと言っていいほど、きちんとしたメンター(先生)がいます。



いつになっても成果が出ないのには、ちゃんとした理由があった


逆にいつまで経っても、成果が上がらずに、

路頭に迷い続ける人の特徴として、

何でも無料で済まそうとするということです。



最初に、どんなものか確認するために、

利用するのは良いですが、それだけで稼ごうとするのはNGです。



なぜならば、無料で公開されている情報は、

Googleで調べればすぐに分かることだからです。



検索すれば、すぐに手に入る情報にどれほどの価値があるでしょうか??



言い方は悪いですが、無料で入る情報はゴミの様なものです。

いつまでも経っても変われない人は、このゴミをひたすら集め続けているのです。



どういうことかもうお分かりですね?



あともう一つ、、、

自分の成功を誰かに依存し続ける人です。



これは、自分で考えることを完全に放棄して、

思考停止状態になっている状態です。



「思考 ⇒ 行動 ⇒ 成功」

この、ルーティンは必ずもっておかないければいけません。



おんぶに抱っこマインドでは何も得ることができませんし、

ましてやビジネスを始めても、人から信頼されることもありません。



あくまでも、ビジネスです。

それがネットで行うという形態に替わっただけです。



ここの意識が低い人が多いことが、

挫折者が増える原因の一つだと思っています。



あなたが成功するためのまとめ


本気で何かを得たいのであれば、

そこへの投資は惜しまない!



そして、思考をやめないということ。

先程もお伝えしましたが、思考の後に行動があって

初めて成功につながります。



ですので、思考停止状態は終焉を意味します。



それから成功を人に依存し続けないこと!



例えば、高校受験や大学受験で、

学習塾に通ったのにも関わらず、希望の学校に合格できなかったと言って、

「受講料を返せ!」と塾の講師を訴えるでしょうか?



受かる生徒もいれば、落ちる生徒もいるんです。



そんなことより、自分に何が足りなかったかを検証して、

次の成功につなげる方がよっぽど建設的だと思いませんか?



成功も失敗もあなたの手の中にあると考えて下さい。



上記の成功する人の特徴に当てはまっている方には、

僕も応援したくなりますし、全力でサポートしたいと思っています!^^



今回は、成功する人としない人の決定的な違いについて、

細かく噛み砕いてお話ししました。



そんなに堅苦しく考える必要はありません。

是非、一緒に成功を勝ち取りに行きましょう!



lgi01a201406041200_r2_c2






コメント

コメントを投稿する




コメント内容

CAPTCHA


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
 

情報案内人 POKE

インフォトップ成果実績

ブログランキング

POKE の無料レポート

POKE の facebook

おすすめASP

カテゴリ一覧

ビジネスにおいて欠かせないマーケティングとコピーライティングが学べる教材!

ブログとメルマガで大きく稼ぎたい人必見!!

ツイッターを完全自動化して稼ぐツール

おすすめの著書 その1

おすすめの著書 その2

おすすめの著書 その3

スポンサーリンク

ページの先頭へ