麻雀屋さんを救ったドラッカー

drucker


いつもご訪問ありがとうございます、POKEです。



「お値段以上ニトリ」のニトリ。

「うまい、はやい、やすい」の吉野家。



どちらもとても有名なキャッチコピーですが、

これらの言葉に込められたもの、

それはその事業独自の「強み」です。



ビジネスというのは、

お客さんに商品を売っているわけではありません。



商品を売ったあとに得られるメリットや結果、

つまりは価値を売っているわけです。



企業にとって事業の「強み」を、

見つけることは大事なのですが、

そう簡単に見つかるものでもありません。



そこで生きてくるのがドラッカーの残した、

「誰に何を売るかを明確にする」という言葉です。



これだけビジネス書が溢れる昨今、

「何を今更そんな当たり前のことを」と、

思うかもしれませんが、、、



しかし実際問題として、全ての企業が、

このポイントを押さえることができていれば、

経営に頭を抱える経営者はもっと少ないはずです。



ドラッカーを始めとして、

経営者が経営理論を学ぶ時に、

必ず気をつけなければいけないこと。



それは先人達が言っている「当たり前なこと」を、

耳障りの良い言葉としてスルーしないことです。



「当たり前」というのは経営環境によって違うので、

その都度自分の会社に当てはめて考える必要があります。



ある麻雀屋さんはこの、

「誰に何を売るかを明確にする」 ということを、

もの凄く真剣に考えた結果、あるアイデアを思いつきました。



「仲間と楽しく認知症予防。頭はっきり心すっきり」

というキャッチコピーを作り、

高齢者のための認知症予防として麻雀教室を展開したのです。



そしてこの案は功を奏して、

今やテレビや新聞でも注目されています。



麻雀教室の室内は、

参加者同士で楽しそうに交流をする、

高齢者の方々で大にぎわいだそうです。



この麻雀屋さんは、ドラッカーの、

「誰に何を売るか」としっかり向き合い、

「高齢者」に「人と交流する楽しさ」を売ることでブレイクスルーしました。



ドラッカーの言葉には本当に学びがありますが、

なんせ本の内容が難しいというのが、

これまでずっと経営者にとってネックでした。



しかし今、そんな問題を解決するべく、

ドラッカーのマネジメントについて、

日本一わかりやすく教えてくれる人がいます。



藤屋マネジメント研究所所長の藤屋伸二さんです。



ドラッカーの著書を読んだ回数は183回以上、

ドラッカー関連の著書・監修書、

19冊(5冊は海外でも発行)の累計は181万部を超えているドラッカーのスペシャリストです。



ドラッカーを経営に活かしたいけど、

何から手を付けていいかわからないという経営者の方は、

ぜひ一度こちらの講座を検討してみてください。

XZq00q357

    

_r2_dsc2






コメント

コメントを投稿する




コメント内容

CAPTCHA


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
 

情報案内人 POKE

インフォトップ成果実績

ブログランキング

POKE の無料レポート

POKE の facebook

おすすめASP

カテゴリ一覧

ビジネスにおいて欠かせないマーケティングとコピーライティングが学べる教材!

ブログとメルマガで大きく稼ぎたい人必見!!

ツイッターを完全自動化して稼ぐツール

おすすめの著書 その1

おすすめの著書 その2

おすすめの著書 その3

スポンサーリンク

ページの先頭へ