消費者がひた隠しにしてること


いつもご訪問ありがとうございます、POKEです。 消費者の頭の中を覗く天才、 ドルー・エリック・ホイットマンは、 こんなことを言っています。 「もし私が誰かに、髪を切る理由をきかれたら、 ”髪が長くなった”とか、”妻に言われた”とか、 ”手入れが厄介になってきた”とか言うだろう」 しかし彼が言うには、 これは本当の理由ではないそうです。 彼が髪を切る本当の理由はこうです。 「私に髪を切りたいという、 気持ちにさせる本当の理由は、 私が人前に出たときの印象を気にしているから」 「変な髪型で歩き回ったら人は、 どう思うだろう?と心配だからだ」 つまり、最初に紹介した理由は、 あからさまな虚栄心を隠したかったり、 あるいは批判にさらされて自分が、 傷つくようなことを避けたい、 という思いから言っているのだと、彼は言います。 セールスパーソンがこのことから学ぶべきことは、 人間がある行動を起こす時、その根底には、 人に言いたくない隠し事とも言える 「本当の理由」があるということです。 それを知ることで消費者の注目を、 あなたの商品の価値やメリットに、 結びつけてあげることができれば、 セールスはもっと楽になるでしょう。 消費者はいつも「~したい」「~でありたい」 という本当の気持ちを心の中に秘めています。 セールスパーソンやマーケッターは、 そのことを絶対に忘れてはいけないのです。 今回ご紹介する新書籍、 『クロージングの心理技術21』 では、 このような身近な体験談を交えつつ、 著者のドルーが数々のクロージング術を、 余す所なく教えてくれています。 セールススキルを高めたいという方は、 ぜひ一度ご覧になってみてください。 read_r2_c2 ]]>

コメント

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

情報案内人 POKE

ブログランキング

POKE の facebook

カテゴリ一覧



【無料】自由な人生を送る方法

ビジネスにおいて欠かせないマーケティングとコピーライティングが学べる教材!

おすすめの著書

スポンサーリンク

ページの先頭へ