Z社の陰謀とは?!

savr


いつもご訪問ありがとうございます、POKEです。



ある街に2人のビジネスマンがいました。



彼らはふたりともよく似ていて、

見た目も、収入も、仕事内容もほとんど同じ。

通勤電車のルートさえも同じでした。



しかし、決定的に違う点もありました。

それは、片方のビジネスマンには、

「稼ぐ力」がある、ということです。



なぜならそのビジネスマンは、

通勤電車の中で、あるいは空き時間を見つけては、

紙や電子書籍を開いて読書をし、

新しいことをどんどん学んでいたからです。

・経営
・起業
・マーケティング


などの「専門書」を読んで勉強をしていました。



もう一方のビジネスマンは

通勤電車の中や空き時間で「何」をしていたか?



それは、、、


・スマホのゲーム
・SNS


でした。



さて、この2人の「似ている」ビジネスマンですが、

1年後、2年後、3年後、、、

どれだけ差が付いていると思いますか?



結果は明らかじゃありませんか??

・・・

これについて以前、

とても憤慨する情報が流れてきたことがあります。



とある経済界の大物とつながっている、

大手コンサル会社の裏ルートからの話…



ケータイゲームを作っている会社や関連大企業の経営層が、

「バカにはゲームやらせときゃいいんだよ」と言っていたそうです。



彼らは日本人がゲームに時間を費やせば、

費やすほど儲かるわけですが、、、



一方、日本人はどんどん馬鹿になり、

それは日本の生産性を落とすことにつながります。



大企業の経営層である彼らは、

自分たちが生きている間に「いかに儲けるか」ということが

最大の関心事のようで、、、



彼らが作って広めたケータイゲームのせいで、

日本人がどれだけアホになるか。

将来の日本がどれだけ弱くなるか。

というようなことは何も考えていません。



どうでしょうか?

腹が立ちませんか?



しかし確かに、スマホが登場する前は、

もっと電車の中で本を読んでる人が多かったように思います。



今はほとんどの人がスマホをいじっていて、

もちろん電子書籍を読んでるのではなく、

SNSで薄いコミュニケーションをしていたり、

ゲームをやったりしています。



そんなことをしていても、

一時の時間つぶしにはなりますが、

将来のために何の役にもたちません。。。



それに、稼ぐ力、学ぶ力、

これを身につけるためには、

しっかりと濃い本をじっくり読む必要があると思っています。



【月刊ビジネス選書】というサービスで、

「本格的な分厚いビジネス書」が多いのには、

そういう意味があります。



ゲームが100%悪いとか、

SNSをやるなとか、そこまで極端なことは思いません。



息抜きもたまには必要でしょうから。

ただ、限られた時間を将来のためにどう有効に使うのか?



この月刊ビジネス選書サービスを、

日本中に広めることができれば、

日本のビジネスマンにそれを考えさせる

きっかけになるのではないでしょうか?

books



PS
月刊ビジネス選書では、

毎月その本の電子書籍が無料で配信されるので、

かさばらず、電車の中などでも読みたい時に、

すぐ読むことができます。

     XZq00q357

books






コメント

コメントを投稿する




コメント内容

CAPTCHA


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
 

情報案内人 POKE

インフォトップ成果実績

ブログランキング

必勝!ブックメーカー投資法

POKE の無料レポート

POKE の facebook

おすすめASP

カテゴリ一覧

ビジネスにおいて欠かせないマーケティングとコピーライティングが学べる教材!

ブログとメルマガで大きく稼ぎたい人必見!!

ツイッターを完全自動化して稼ぐツール

おすすめの著書 その1

おすすめの著書 その2

おすすめの著書 その3

スポンサーリンク

ページの先頭へ