経営者よ、「直感」をバカにしていないか?

as1


いつもご訪問ありがとうございます、POKEです。



「万が一、自分の会社の社員が過労死したらどうしよう・・・」



ガンガン働く中小企業、ベンチャー企業の経営者なら、

一度は思ったことがあるのではないでしょうか?



どうやら通信会社の大手KDDIでさえも、

同じ不安を抱いているようです。



KDDIは今年の7月から社員約1万人を対象に、

「勤務間インターバル制度」という新制度を始めています。



前の終業時から次の始業時まで、

「最低8時間の休息」を取ることを義務づけるというものです。



たとえば、夜中の午前3時まで残業した社員は、

次の始業時間を午前11時までずらすといった感じ。



規則に違反していないかどうかは、

パソコンを起動した記録や出勤簿データなどで、

確認するという徹底ぶりです。



まだ制度が始まって間もないので、

現場の社員の反応はわかりませんが。。。



こういった新しい制度、

ルール変更というのは企業にはつきものです。

リーダー(経営者)はその度に正しい決断を迫られます。



一般的に正しいリーダーシップを発揮するには、

「直感に頼ってはいけない」「事実と詳細に頼ることが重要」

と言われることが多いですが、

上級管理職以上となると、実は話が違ってきます。



信頼できる直感を持っていて、

それを使いこなすことができなければ、

素早い意思決定はできません。



ジョンソン・エンド・ジョンソンの会長兼CEOである

ラルフ・S・ラーセンもこう言っています。



「大抵の人が中間管理職のレベルまでは素晴らしい仕事をする。
そこでは多くの意思決定の仕事がある。」



「しかしその後、上級管理職になると、
対処すべき問題はもっと複雑で曖昧なものになり、
彼らの判断や直感が適切なものではいことに気づく」



ラルフだけではありません。

社会的に成功した経営者は皆、優れた直感力を持っています。



ただ多くの経営者は自分の直感を鍛える方法を知りません。



もしあなたが自分の直感を養い、

より抜きん出たリーダーとなるための、

具体的な方法を求めているのでしたら、

こちらの書籍は間違いなくおすすめできる一冊です。

XZq00q357

    

read






コメント

コメントを投稿する




コメント内容

CAPTCHA


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
 

情報案内人 POKE

インフォトップ成果実績

ブログランキング

POKE の無料レポート

POKE の facebook

おすすめASP

カテゴリ一覧

ビジネスにおいて欠かせないマーケティングとコピーライティングが学べる教材!

ブログとメルマガで大きく稼ぎたい人必見!!

ツイッターを完全自動化して稼ぐツール

おすすめの著書 その1

おすすめの著書 その2

おすすめの著書 その3

スポンサーリンク

ページの先頭へ