会員制ビジネス「設計」の極意

ffd2


いつもご訪問ありがとうございます、POKEです。



会員制ビジネスをスタートするとき、

まずは何から考えればいいのでしょうか?



どんなサービスを作ればいい?

どんな顧客を対象にすればいい??



成功している会員制ビジネスは、

そのサービスをどの様に、

「設計」 すればいいのでしょうか?



新書籍 「シリコンバレー発 会員制ビジネス起業術」

にはこうあります。



=============================


p67

ファネルの最下層から開始する



全ての努力はファネル
(漏斗。見込み客が上から下に流れていく例え)の、

最下層から始める必要がある。



つまり、

最終的に ”忠誠心ある顧客” になってくれる可能性の高い

人々に最初から的を絞る必要があるということ。



そうすれば、組織から会員に与える利益と、

ターゲット顧客の間にズレが生じることはなくなるはずです。



=============================

会員制ビジネスの肝は、

その会員を会員としてキープしておくこと。



そのためには、

このように「後ろから」設計することで、

強い会員制ビジネスを作ることができる。



というわけですね。



詳しい事例はこちら

XZq00q357

    

book






コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

CAPTCHA


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
 

情報案内人 POKE

インフォトップ成果実績

ブログランキング

POKE の無料レポート

POKE の facebook

おすすめASP

カテゴリ一覧

ビジネスにおいて欠かせないマーケティングとコピーライティングが学べる教材!

ブログとメルマガで大きく稼ぎたい人必見!!

ツイッターを完全自動化して稼ぐツール

おすすめの著書 その1

おすすめの著書 その2

おすすめの著書 その3

スポンサーリンク

ページの先頭へ