「2000円より1999円が妙に安く感じる理由」

pp_cp2_1


いつもありがとうございます、POKEです。



不思議なことに何かの商品に、

【2,000円】という値札が付いている時と、

【1,999円】という値札が付いている時では、

何故か、1,999円の方がやたらと安く感じてしまいます。



実はコレ、先頭数字効果というのですが、

人は複数の価格を比較するとき、

先頭の数字を過大評価する傾向があるのです。



ということは、1,500円と1,499円では、

消費者の価値認識はそこまで変わらないということが分かります。



他にも、1000円のTシャツを3枚買うとき、

「2枚買えば3枚目から半額」と言われると、

「3000円を2500円に値引き」あるいは、

「総額から500円値引き」と言われるより、

大幅に安く感じてしまいます。



この書籍 「行動科学マーケティング」 は、

こうした人間の行動科学について、

徹底的にリサーチした一冊。



もしあなたが、こうした行動科学を、

マーケティングに応用したいのなら、

「行動科学マーケティング」 を、

是非、チェックしてみてください。



人がモノを欲しくなる本当の理由を、

様々な実験や文献から調査・分析して、

350ページ以上にまとめた、正に欲望大全と言える一冊です。



ですので、もしあなたが、

chk08 向こうから商品を欲しいと言わせたい

chk08 どんな商品を開発すればいいのか知りたい

chk08 顧客の行動の理由を知って販売に活かしたい

chk08 消費者の欲求を喚起してもっと商品を売りたい

のなら、



是非、この新刊本「行動科学マーケティング」を、

チェックしてみてください。

_r2_c2_r2_c2



それでは、今回はこの辺で!






コメント

コメントを投稿する




コメント内容

CAPTCHA


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
 

情報案内人 POKE

インフォトップ成果実績

ブログランキング

おすすめASP

POKE の facebook

カテゴリ一覧

自由な人生を送る〇秘方法

おすすめの著書 その1

おすすめの著書 その2

おすすめの著書 その3

スポンサーリンク

ページの先頭へ