なぜ、相場はいつも自分の思惑と逆に動くのか?

f6grge2


いつもご訪問ありがとうございます、POKEです。



「なぜ、自分の思惑とは逆の方向に価格が動くのか?」

「誰かが自分のトレードを後ろから見ているんじゃないか?」

トレードをしていて、こう思ったことはありませんか?



実際、2012年8月に19万人の個人投資家を対象に

行ったアンケート結果では、



「投資をやっていて、嫌になることは何ですか?」

という問いに対して一番多かった答えが、

「買ったら下がる。売ったら上がる値動き」でした。



つまり、ほとんどの人は自分の予想と

逆に相場が動き、損をしているということです。



では、

なぜ、価格は買えば下がり、売れば上がるのか?



それは、

ほとんどの場合、投資家であるあなたが、

相場の世界において決定的な間違いをしてしまっていることにあります。



「利益を上げている人の売買を真似しているのに
 自分だけどうしてダメなんだろう?」


もし、そう思うなら特に危険です。



利益を上げている人と同じ銘柄で売買したり、

テクニカル指標を使って売買するといった具合に、

利益を上げている人の売買を表面的に真似してもトレードでは勝てません。



利益が上がるトレードをするために、

まず、あなたが知らなければならないことがあります。



それを知って初めて、

トレードで勝つことができるのです。



FX投資家の心理(大衆心理)が、

チャートの価格を動かしているということです。



トレードは、チャートに向かってするものですので、

トレーダーの心理としては、チャートを相手にしているかのように感じます。



ですが、あなたが相手にしているのは、

あなたと同じように、大切なお金をかけることに不安を感じ、

値動きの上下に一喜一憂する、同じ人間です。



決してチャートそのものではありません。



まずは、このカラクリを こちら から知ってください。



どうして、あなたが買えば下がり、売れば上がるのか?

その真実が分かります。



この真実を知っていれば、

この先トレードあなたは不安なく

トレードができるようになるでしょう。

XZq00q357

skc






コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

CAPTCHA


post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
 

ページの先頭へ