あの有名な一言で客単価が4.8倍アップ?!


ご訪問ありがとうございます、POKEです。 「ご一緒にポテトはいかがですか?」 このセリフは言わずと知れた、 超有名ファーストフード店、 マクドナルドの店員さんが、 よく言っているセリフですね。 恐らく新人のアルバイトさんが、 指導係や店長さんから、 「必ず一緒にポテトを勧めるように」 とか、裏で指示をされているのでしょう。 たかだか15文字のセリフですが、 これを言うと言わないとでは、 お店の売り上げはかなり変わってきます。 いわゆる「ついで買い」を狙った声かけなワケですが、 単品注文のお客さんがセットに注文を変更することで、 客単価はグググっと上がりますよね? たとえばチキンクリスプは、 単品ですと100ですが、セットにすれば480円。 たった一言で、客単価は一気に4.8倍です。 このように消費者が、 「つい購入してしまう」という現象は、 必ず販売側が意図して行っていることです。 どんな業界、どんなジャンルのビジネスであれ、 このような消費者の欲望のスイッチの場所を、 あらかじめ知ることができれば、客単価をあげたり、 売り上げを伸ばすことは容易にできてしまいます。 数々の事例とともに、消費者の行動心理が、 細かく解説されている 『行動科学マーケティング』 著者であるジェイムス・A・ムレイは、 消費者の行動を分析するプロです。 消費者の「欲しい」という欲望を、 掻き立てるものは一体何なのか・・・? ひたすらそれを考え続けてきました。 マーケティング力を高めたいという方、 商品の売上をアップさせたいという方は、 是非、お読み下さい。 _r2_c2_r2_c2 ]]>

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

情報案内人 POKE

ブログランキング

POKE の facebook

カテゴリ一覧



【無料】自由な人生を送る方法

ビジネスにおいて欠かせないマーケティングとコピーライティングが学べる教材!

おすすめの著書

スポンサーリンク

ページの先頭へ