侮辱マーケティング?


いつもご訪問ありがとうございます、POKEです。 「この紙はあなた方です」 と告げる。 それから紙をくしゃくしゃにして、 床にビターン!と投げつける。 次に紙を思い切り踏みつけて、 タバコを吸う人がタバコを、 もみ消す時のような動作をする。 これを目の前でされた人は、 どうなるでしょうか? 当然、激しい不快感に襲われます。 「なんてひどいことをするんだ!! あんたはここにいる全員を侮辱した」 「さっきここにいるメンバーを、 紙に例えておいて、その後に、 目の前で紙をめちゃくちゃにした!」 「セミナーの参加者をまさに侮辱したんだ!」 実際にセミナーで同じことをされて、 こんな風に責め立てた人が過去にいたそうです。 一見、ただの頭のおかしなセミナー講師が、 参加者を精神的に痛ぶっている様に見えるかもしれませんが、 もちろんこの行為には隠れた意図があります。 この講師は、セミナー参加者たちに、 ”あること” を体験を通して知って欲しかったのです。 その ”あること” とは、 「人は自身の信念と一体化し、信念が攻撃されれば、 自分の体が攻撃されたかのように信念を守ろうとする」 ということ。 つまりセミナー参加者たちは、 紙を自分たちと同一視していたからこそ、 激しく怒ったわけです。 人間は常に、自分の信念に従って行動しています。 そしてそこに、 マーケッターやセールスパーソンが、 学ぶべき、とても重要なポイントがあります。 それは、セールスを行う際に、 見込み客の「商品への考え方」を、 変えようとするのではなく、 その根底にある「相手の信念」を変えることができれば、 購買行動を促すことは容易に可能だということです。 その具体的な方法を解説してくれるのが、 『クロージングの心理技術21』 の著者、 ドルー・エリック・ホイットマン。 実際にセミナーで紙をくしゃくしゃにした本人です。 本書の中で語られている、 消費者心理学に基づいたセールスの科学は、 セールスパーソンにとっての必須科目と言って良いでしょう。 セールスにご興味があるのでしたら、 ぜひ一度読んでみてくださいね。 read_r2_c2 ]]>

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

情報案内人 POKE

ブログランキング

POKE の facebook

カテゴリ一覧



【無料】自由な人生を送る方法

ビジネスにおいて欠かせないマーケティングとコピーライティングが学べる教材!

おすすめの著書

スポンサーリンク

ページの先頭へ