詐欺師S男は、実家の金持ち自慢に加え、自分の学歴のことも自慢していました。
正直なところ、私は他人の自慢を聞くのが大・大・大っ嫌いなため、その時は「あ~早く終わんないかな」って思いながら聞いていたのですが・・・、

後からこうして記事に書くと分かっていれば「もっと細かいところまで詳しく突っ込みながら聞いていたのに~」って少々後悔しております。

それでも、要点は一応押さえていると思うので、今回はその時の記憶を頼りに「学歴を自慢する男には要注意」というエピソードを結婚詐欺師S男の事例をもとにご紹介していきます。

高学歴・有名大学卒を自称する結婚詐欺師S男

S男は、高級住宅の写真で実家の金持ち自慢をした後、今度は自分の経歴(主に学歴)についてベラベラと自慢話を始めました。

 
「僕は、幼稚園から大学まで慶應なんです」から始まり、

「僕には姉と弟がいて、きょうだい全員が慶應の幼稚部⇒大学という経歴なんですよ」だとのこと。

 
そして「慶應では、●●とか▽▽とかが同期で、××は僕の1つ下の学年にいました」などと有名人の名前をツラツラと言い、それらの有名人とも年に1~2回は会うような間柄だとか言っていました。

(※有名人の名前は誰のことを言っていたのか忘れてしまった為、●●や▽▽として表記しておきます。予めご了承ください)

 
まあ、世の中にはそういう人も居るのだけど、こちらとしては「聞いてもいないのに学歴自慢かよっ!」って思い、早く時が過ぎることを願うばかりでした。

 
そんな私とは逆に、C美はニコニコした顔でS男の話に聞き入っていました。

恐らくC美は、好きな人の自慢話を聞くことが苦にならないのでしょう。

高学歴を自称する男性を信じやすいのは、むしろ【親世代】かも?

このように有名大卒という高学歴を自称し、自慢していたS男。

 
C美がその話に騙されていたのは勿論ですが、C美以上にS男の話す学歴自慢を信用しきってしまった人物がいました。

 
それがC美の母親「E子さん」です!

 
E子さんは団塊の世代生まれで、現在の若者世代に比べると大学進学をする人の割合が少なかった世代です。

 
E子さん自身は、地元のお嬢様学校(女子高)を卒業した後にすぐ公務員となり、E子さんの夫(死別)も高卒。

周りにいる友人も、ほとんどが高卒です。

 
そのせいかは定かではありませんが、E子さんには学歴を妄信し「大学を卒業した人=立派な人」という認識をする傾向が昔からありました。

 
そんなE子さんのことですから、S男が「誰もが知る有名大学を卒業した」と分かるや否や、

S男のことを「たいそう立派な人物なんだ」と思ったのではないでしょうか?

 
これは後日談ですが、E子さんはS男が詐欺師である証拠が挙がってからも、「あんな立派な人が詐欺師である訳がない」と言って事実をなかなか受け入れませんでした。

 
なぜならE子さんは、S男の自称する「高学歴自慢」をすっかり信じ込んでしまっていたのですから。

 
E子さんは団塊の世代ですが、それより下の世代(例えばバブル世代など)であっても、

「学歴が高い人はまともな人である」と思い込んでいるタイプの親は、

こういうS男のような人にコロッと騙されてしまう可能性が高いと思われますので注意した方が良いでしょう。

【まとめ】高学歴を自称する男には気をつけろ!

就職活動や転職活動の場合ならば別ですが、

普段の人付き合いの中で「その人の学歴を証明する何か」を求められることは稀ですので、高学歴を自称するなんてことは誰にでも出来ます。

 
ただ、嘘がバレた時に信用を失うというデメリットはありますが。

 
それでもS男が「自分が高学歴である」という嘘をついたのは、C美を騙すためだけではなく、恐らくですがC美や周囲の人から「すごいね」って言われたかったのではないかと思うんですよね。

 
私が見る限り、C美は母親とは違って交際相手の学歴にこだわるタイプでは無かったですので、仮にC美を騙すためだけなら、お金持ちアピールだけ行えば、高学歴を装わなくても十分だったでしょう。

 
なので、やはり「賞賛が欲しくて高学歴を装ったのだろう」と今となっては思います。

 
それに加え、親であるE子さんから信頼される手段として、彼は「高学歴アピールが有効だ」と考えたのかも知れません。

 
(詐欺師を問い詰める際、本人に詳しく聞いておけば良かったのですが・・・。今となっては推測の域を出ません)

 
とまあ色々書いてきましたが、こちらが聞いてもいないのに学歴を自慢する男は大した人間ではありませんので、もし遭遇した場合は深く関わり合いにならないことをおススメします。