安価な医療保険に加入して大失敗!
過去に私は、月々500円程度の安い医療保険に加入していた時期があるのですが、
結論から言いますと、はっきり言って加入したのは大失敗でした。

もし、あなたがこれから医療保険に入ろうか検討しているなら、
まずは私の失敗談を見てからでも遅くはありません。

特に「安い医療保険なら良いだろう」と気軽に入ろうと思っている場合は、注意が必要です。


安価な医療保険への加入【きっかけは1本の電話から】

私が入った医療保険は、某カード会社経由で加入できる
月々500円程度の医療保険でした。

ある日の夕方、電話が掛かってきて
不意に出ると、カード会社の名前を名乗っていたため

「引き落としに何か不具合でも有ったのかしら?」

そう思い、不安になっていると、
引き落とし関連の話ではなく、保険に入らないかといった勧誘でした。

もし現在の私であれば、その時点で
「二度と電話をしてこないでほしい」と言って切るのですが、
その頃の私は、ちょっとした不安を抱えていて
しかも医療保険に興味があった為、
月々の保険料がワンコインで安いことに魅力を感じ
その電話で保険の加入契約をしてしまいました。

保険料は、月々のカードの請求から引かれるため、
払い忘れることもないし、
日帰り入院でも保険金がおりることがあるから
加入しておけば安心だと思ったのです。

しかし、これが間違いの元でした。


医療保険の「もしもの時」は、いつまで経っても来ない

電話で契約後早々、申込用紙が送られてきて、
次の月のカードの請求から医療保険の保険料が引かれるようになりました。

「何かケガをしたり入院したりした時に使えるかも」

そんな事を考えながら、1か月、2か月たち、
遂に半年が経過・・・。

私の体が頑丈なのか、
風邪1つひきません。

また、通勤以外は殆ど外出しないこともあり、
事故に巻き込まれるようなこともありませんでした。

そもそも、医療保険に興味があったのは
「もしもの時があったら怖い。どうしよう」という不安があったからなのですが、
自分が思っている以上に、もしもの時って来ないんですよね。

さすがに、月500円程度であっても
そんな来るか分からない「もしもの時」のために毎月払うよりかは、
その分をコツコツ貯金しておいた方がマシだと感じました。

保険料は掛け捨てだった為、
今までの掛け金(500円×6か月分=3,000円)は無駄になってしまいます。

それでも、これ以上の無駄を重ねるよりは今解約した方がダメージが軽いため、
急いで解約することに決めました。


医療保険の解約に苦戦!

私が契約した医療保険は「解約は電話でのみ受付」とのことだったので、
早速、解約専用のダイヤルに電話をすることに。

しかし、そのダイヤルはフリーダイヤルではなく有料ダイヤル!

有料ダイヤルにすることで、解約者を防ごうという魂胆なのでしょうかね?

最後までしっかりお金を取るつもりとは、さすがです(苦笑)

まあ、こちらとしても、
このまま保険料が月々引き落とされるのは嫌ですので、
そんな事構うもんかと電話をかけました。

そしたら・・・、

「ただいま、お電話が込み合っています」という自動音声アナウンスが流れ、
なかなか電話が繋がりません。

ちなみに、待たされている間も、電話代は「こちら持ち」です。

一旦切ろうかどうか迷いながらも、
30秒くらい待った時、やっと「プルルル」という音がし、
オペレーターに電話が繋がりました。

「お電話ありがとうございます。〇〇(担当者名)です。」

オペレーターの名乗りを聞いた後、
私は手短に「医療保険を解約して欲しい旨」を伝えました。

すると、やはり水際対策なのか、
今解約すると勿体ないとか、
このまま継続した方が良いようなことを
相手が勧めてくる
んですよね。

でも、こちらは既に30秒以上の
有料ダイヤルの電話代金がかかっている為、
そんな事で折れている場合ではありません。

「今は仕事の休み時間に電話をかけているため、
こちらはとにかく急いでいる。
早く解約の手続きを進めて欲しい」

そう言ってキッパリ断り、
無事に解約の手続きをする運びとなりました。


【まとめ】安価な医療保険の代償は「無駄な保険料」と「無駄な電話代」

そんなこんなで、気軽に安価な医療保険に入ったために
「無駄な保険料」「解約の際の無駄な電話代」を支払う羽目になった、私の体験談は以上となります。

掛け捨て保険料の3,000円と、
有料ダイヤルの電話代(繋がるまで待たされたため、恐らく500円程度)は、
加入しなければ支払う必要の無かった費用です。

計3,500円あれば、
新品の洋服1枚買うことが出来ちゃいますよね。

その時のことは、本当に無駄な出費をしてしまったと反省しています。

特に「電話のみの解約」は要注意です!

医療保険に加入を検討の際は、くれぐれも
私のような失敗をしないよう気を付けてくださいね。