ネットで商品が売れる!心を動かすセールス文章の書き方5つの極意とは?

ビジネス
もし、あなたが仕事で「オリジナルの商品」を持っていて「インターネットで販売してみたい」と思っているなら、ある程度の文章力を鍛えておくことは絶対に必要です。

ハッキリ言って、文章力がなければネットで商品を販売しても全く売れません。(以前の僕がそうでした・・・)

しかし、そんな僕でも、たった5つのポイントを押さえるだけで、ネット販売の文章が上達し、オリジナルの商品が売れるようになりました。

そこで今回は、僕がいつも実践している「心を動かすセールス文章の書き方について5つの極意」をお伝えしていきたいと思います。


商品が売れる文章の条件とは?

インターネットのサイト(販売ページ)で商品を売るとき、それなりに知名度が高くてパッと写真を見ただけでもメーカー名が思い浮かぶような商品ならば、極端な話ですが商品の写真と少しの説明書きがあれば、そこに上手くアクセスさえ集められれば自然と商品が売れていきます。

しかし、あまり知られていないオリジナル商品を販売する場合は、たとえアクセスを多く集めても、セールス文章が下手であれば誰も商品に興味を持ってくれません。

つまり、知名度のない商品ほど、セールス文章の良し悪しが、商品の売り上げを左右する可能性が高いのです。

では、インターネットの販売ページにどのような文章を書けば、ネット経由で商品が売れるのでしょう?

商品が売れる文章の条件とは、ズバリ

読み手の感情を動かす文章であること。

この条件をクリアしていないと、どんなに商品が良質であってもサッパリ売れません。

ただ、ここで「読み手の感情を動かす」というのは、「誰もが感動するような文章を書きましょう!」といった意味ではなく、

その商品を買わずにはいられなくなる心理状態にする
という意味になります。


人は、感情が動いた時に「商品を購入する」というアクションを起こします。

そして、その商品を買った理由を購入後に後付けして、自分を納得させるのです。

ですから、売り手である私達は、

販売ページに来てくれた人の心理を「商品を購入せずにはいられない状態」に変える文章を作り、その中で「商品を買うべき理由」を買い手に納得させることができればOK。

そうすれば、今まで売れなくて困っていた商品が、面白いほど売れるような状況を作ることだって可能になるのです!


ネット販売のための【心を動かすセールス文章の書き方】5つの極意とは?

では、具体的にどんな文章を散りばめていけば、心を動かすセール文章になるのでしょう?

その書き方について「5つの極意」をご紹介していきます。

心を動かすセールス文章の書き方【極意1】共感


人は共感すると、あなたに対して仲間意識を持ってくれるようになります。


この仲間意識が芽生えると、あなたのことを信用してくれます。


誰だって、信頼していない人から商品を買おうとは思わないですよね?


ですので、こういった信頼関係を早い段階で築いておきましょう。

それがコピーライティングでとても重要なことです。


心を動かすセールス文章の書き方【極意2】希少性


希少性とは「期間限定」とか「50個限定で販売」などといった期間や数が限られている状態のことです。

この希少性を施すことによって、今購入しないと、

もう二度と手に入らないという心理状態になります。



これによって、普通に販売するよりも、

成約率を高めることができるのです。


心を動かすセールス文章の書き方【極意3】魅力的な商品

魅力的商品とは、その商品の属性にマッチしているものです。

例えば、

ダイエットなら、美容関連、

ビジネス系ならば教材関連、

それらの属性にマッチしているものを伝えます。



4.個性的なフレーズ


個性的でおもしろいフレーズを使うのは、かなり有効です。



例えば、ただ単に「痩せます。」よりも「みるみるうちに、体重が落ちていく!」

というコピーの方が、読み手はそれを頭でイメージできるので、

より心に響くコピーへと変わっていくのです。



5.自分の失敗談を書く


これは、自分の失敗談を書くことによって、同じことで躓いた人から共感されやすくする手法として有効です。





あなたは、セールスレターを書くときに

しっかり、見込み客の リサーチ を行っているでしょうか?


このリサーチをするかしないかで、セールスレターの

反応率は極端に違ってきます。



事前に、見込み客が、

・普段どういった生活をしているのか?

・どんなことに興味があるのか?

・どういう言葉を使っているのか?


などをリサーチする必要があります。



これをせずに、

ただ、妙に丁寧な文章にしてみたり、

やたらと、くだけた会話調の文章にするだけでは、

読み手からの反応率は上がりません。



ですので、きちんとリサーチをした上で、

あなたの書くセールスレターの中に、

普段、見込み客が使っている、言葉遣いやフレーズや視点など、

リサーチで得られたパーツを埋め込んでいく様にしましょう。



これによって、驚くほど成約率は上がります。











コメント

タイトルとURLをコピーしました