餃子の王将のマネジメントは「放任主義」?

gyo






飲食チェーン「餃子の王将」の大阪店舗が提供する

一瞬耳を疑うような麺料理が、

今にわかに話題となっています。



アツアツのお好み焼きをあえて、

冷たい冷麺の上に乗せた「お好み焼き風冷麺」です。



他にも北海道では「スープカレーラーメン」、

長崎県では「豆乳ラーメン」、

岡山県では「白桃とフルーツトマトの冷麺」など、



全国の店舗がこぞって渾身のメニューを展開しています。



このように地域ごと、店舗ごとに、

オリジナル色を出すという戦略は、

実は5~6年ほど前からやられています。



餃子の王将では、新メニューの開発は、

基本的に現場の人間に任せているのです。



本部が店舗に課している指標は、

人件費率と利益率くらいで、客数や売り上げ単価などは、

店長が独自に設定しています。



本社はあくまで後方支援に徹していて、

いわゆるチェーン展開のセオリーとは真逆の手法なわけです。



同じ手法がどんな企業でも、

当てはまるかといえばそれはわかりませんが、

一つだけ確かなことがあります。



それは、各店長のやるべき仕事が、

明確になっているということです。



・客数や売り上げ単価の設定

・人件費率と利益率の指標をクリアする



極端な話、大きくわけてやることはこの二つだけ。



あとはキッチンスタッフやホールスタッフに、

それぞれ適切な指示を出して、

毎月目標達成を目指します。



管理者のやるべき仕事を明らかにしてあげることは、

マネジメントの原理原則です。



「現場の店長が使いものにならない」

「エリアマネージャーが全然結果を出せない」



そう思い悩む前に、経営者であるあなた自身が、

正しいマネジメントを行えているかどうか、

いま一度確認する必要があるかもしれません。




秒でお届け!ミミヨリLIFEインフォメーション。
タイトルとURLをコピーしました