オバマ元大統領から盗むべき技

po2






「Yes! we can!」で、

お馴染みのオバマ米国大統領が、

先日「米国全体のCO2排出量を2030年までに32%削減する」

と発表しました。



昨年からIKEAやアマゾンなどの、

巨大企業が火力発電所ではなく、風力発電所を、

整備していたのはそういう事情があったようです。



このように、米国のリーダーとして、

オバマ大統領のもつ発言力や影響力は、

計り知れないものがあります。



ただ彼は、実は大統領になる前から、

優れたリーダーに必要な”あるもの”を持ち合わせていました。



それは、「スピーチ力」 です。



成功するリーダーは、一対一でも、

小グループでも、大勢の前で堂々と話ができます。



スピーチが成功する要因は、

しばしば知識やカリスマ性だとされますが、

良いスピーチをする戦略は大きく2つです。



・自分が熟知していることを内発的に話す

・事前に入念に調査、準備したことを話す



どちらの場合も、成功の秘密は、

「何か役立つことを話す」ということです。



熟知していることがないのであれば、

直接調査を行い、見直しを重ねて、

何か役立つものを見つけるしかありません。



本当に良いスピーチをするためには、

1分のスピーチをするために、その準備に、

10分はかけないといけないと言われています。



それをしなければ、おそらく聴衆も、

あなた自身もずさんなスピーチに失望してしまうでしょう。



しかし実行すれば、


「優れたアイデアを持ち、

解決策を考え出せる人間だ」


「この人についていこう」


と思わせることができるはずです。



このような、優れたリーダーとなるために、

やるべきことというのは、優れた先人たちが教えてくれています。



そのガイドブックとも言えるのが、

今回ご紹介する新刊本、

『社員を動かす社長のカリスマ仕事術』 です。



もしあなたが、今よりももっと社員から、

「この人についていこう」と思われて、

リーダーシップを発揮したいと願うのでしたら、

ぜひ本書を手にとってみてください。


XZq00q357

read



タイトルとURLをコピーしました