ポケットに1000曲

fd_c1



いつも



「ポケットに1000曲」

「アップルが電話を再発明する」

「世界で最も薄いノートパソコン」



これらのキャッチコピーはどれも、

故スティーブ・ジョブズ氏が、

プレゼンでそれぞれ使っていたものです。



それぞれ、ipod、iphone、MacBook Air、

のことを指しているわけですが、、、



彼の生み出したキャッチコピーは、

各メディアを通じて瞬く間に発信され、

そこからさらに口コミで拡散されました。



そして、、、

世界中のアップルストアに行列ができる、

といった事例を我々はこれまでに、

何度も目の当たりにしています。



プレゼンでのキャッチコピーだけが、

売り上げに左右するわけではないですが、



もし仮にジョブズが、


「この商品は本当にいいものだよ!」

「どんどん他の人にも紹介してね!」


なんてセリフばかり連呼していたら、

そのプレゼンは大した影響力を持たなかった筈です。



ではジョブズの使うキャッチコピーは、

何が優れていたのか?



その理由の一つに、

「相手が理解できる言葉を見つけていた」

ということが挙げられます。



「ポケット」「電話を再発明」「世界で最も薄い」など、

中学生でも理解できる様な、

キャッチコピーだったからこそ、

ジョブズの言葉は強い影響力を、

持つことができていたのです。



このように、自分の意図する様に、

対象者を動かすためには、相手が理解しやすい言葉で、

説明してあげることが重要になります。



実は、こういう小さな工夫一つで、

人は自分の影響力や説得力を、

強化することが可能なのです。





秒でお届け!ミミヨリLIFEインフォメーション。
タイトルとURLをコピーしました