95%のお客に無視される人気店

fe1






「遊べる本屋」をキーワードに全国展開している、

ヴィレッジヴァンガード(以下ヴィレヴァン)

というお店をご存知でしょうか?



ヴィレヴァンは、お世辞にも、

万人受けするとは言えない門構えで、

一言で言えば「カラフルでごちゃっ」としています。



まずパッと入り口を見た時に、

何を売ってるお店なのかすぐにわからないのです。



店内にはところ狭しと商品が並べられ、

各商品にはスタッフ直筆のレビューPOPが、

デカデカと貼られています。



商品はまるでパーティのような装飾が施され、

下北沢店や吉祥寺店などは、

「サブカルチャーの殿堂」のような佇まいです。



そんなヴィレヴァンですが、

同社の営業企画部リーダーの方が、

最近ある連載コラムで興味深い話をしていました。



「5%の方に思い切り満足してもらえるような店を目指そう。

それによって95%の方に満足されなくても構わない」


と断言していたのです。



このようにヴィレヴァンは、

いわゆる「ニッチ戦略」をずっと貫いてきたわけですが、

この数字には実は根拠があります。



彼がかつて勤務していた東京のある店舗では、

テナントビルの入館者数や他のテナントの、

売り上げも見ることができたそうです。



そこで知った衝撃の事実こそ、

「95%の人がヴィレヴァンを素通りし、

入店率はわずか5%だった」ということ。



確かにヴィレヴァンは、店舗ごとの顧客数こそ少ないです。

売り上げもそこまで大きいわけではありません。



しかし客単価とリピート率アップにフォーカスし、

独自の進化を遂げてきたからこそ、

彼らは創業から10年、ニッチ市場で生き残ることができています。



2014年には山形県にも店舗を出店し、

ついに全ての都道府県での出店が完了しました。



「ライバルがいなくなるまでニッチ市場に絞りこむ」

これはかつてドラッカーが言っていた原理原則です。



他がやりたいけどできないことを徹底してやり続ける。

その一貫したこだわりがこれまでのヴィレヴァンを、

支えているのかもしれません。



生き残っている企業は総じて、

生き残るための原理原則を知っています。



そしてその原則は今も昔も変わらないのです。




秒でお届け!ミミヨリLIFEインフォメーション。
タイトルとURLをコピーしました