新NISA制度開始時つみたてNISA勢がすべき行動と注意点
遂に2024年から新しいNISA制度が開始しますね。

新NISAでは、非課税枠が広がることをはじめ、
現行のNISA制度に比べると改良している点が多く、
巷では「神改正」などと言われていたりします。

そんな新NISA制度を前に、
私たち積み立てNISA勢は一体どうするべきなのでしょう?

今回は、積み立てNISA勢が
新NISAを前に取るべき行動や注意点
について考察していきます。

新NISAで積み立てNISA勢が取るべき行動について

新NISA制度で注目すべきなのは、
今まで併用することが出来なかったNISAとつみたてNISAとの併用が可能になるといった点です。

これにより、今までの「つみたてNISA勢」が
一般NISAにも挑戦することが可能になります。

恐らく、資金に余力のある方なら、
「待ってました!」と思っているかも知れませんね。

私のように、節約を重ねながら
月々の積み立て資金を捻出している場合は、
いきなり「一般NISAも出来ますよ」と言われても、
すぐに参加することは難しいですが、
それでも近い将来の一般NISA参加を目指して、
着実に資金を貯めておくモチベーションにはなりますね。

また、新NISA制度からは、
つみたてNISAで1年間の積み立て投資枠の上限が120万円まで増加します。
つみたてNISAにおける「年間つみたて投資額」の変更点
現在の年間つみたて投資額 新NISAの年間つみたて投資額
40万円 120万円
このような改正点を考慮に入れると、
やはり私たち「既に開始済のつみたてNISA勢」が取るべき行動としては、
現在の積み立て額を維持しつつ、
今のうちに「将来つみたて額を増額するための資金を貯めておく」

というのが良いのではないかと思われます。

新NISAを待つべき?つみたてNISAを始めようと思っている人のベストな選択は?

では、現行のNISA制度から新NISA制度への移行直前、
「つみたてNISAをこれから始めようと思っている人」は、
一体どうすれば良いのでしょうか?

新NISA制度を待たずに
「始めようと思った時点から始めるのが吉」なのでしょうか?

それとも、新NISA制度が始まるまで
つみたてNISA実践を待つべきなのでしょうか?

これについては、人によって意見の分かれる所でしょうが、
始める時点で「新NISA制度の開始までどの位の期間があるのか?」によると私は考えています。

この記事を書いている現時点では2023年の1月ですから、
新NISA制度の開始まで、ほぼ1年の時間があるんですよね。

なので、すぐにでも開始する意気込みであれば、
せっかく年間つみたて投資枠(非課税)が40万円あるのですから、
わざわざ1年待たず、もう今の時点から始めて構わないと個人的には思います。

しかし、そこから時間が経過し、
2023年の秋以降で「あと2~3か月経てば2024年になってしまう」という時点であれば、
そこから年間つみたて投資額を使い切ることは不可能ですので、
その場合は新NISA制度で運用することができる2024年を待ってから
つみたてNISAをスタートさせた方が良いだろうと思われます。

今は制度移行の境目となる時期ですので、
自分の置かれている状況やタイミングに注意しつつ、上手く対処していきましょう。

【まとめ】つみたてNISA勢は新NISA移行に備えて資金を貯めよう!

すでに現在つみたてNISAをスタートしている人も、
つみたてNISAをこれからスタートしようという人にも共通して言えるのは、
「つみたて額の増額に備え、今のうちに投資用の資金を貯めておくこと」です。

いくら新NISAが神改正されたと言っても、
投資のための軍資金がなければ、それも全く意味がありません。

せっかくの枠の増額、
せっかくの一般NISAとの併用を
ただただ指をくわえて見ているなんて勿体無い!

少しでも多くの額を積み立てて、
少しでも多くの資金を将来のために残していく・・・。

これは私たち「つみたてNISA勢」にとって非常に重要なことですので、
今から2024年に向け、来るべき時のために
投資の軍資金をコツコツ貯めていきましょう。