白ヤギのニッチ戦略

sasr2_c2






北アメリカのロッキー山脈には、

シロイワヤギという牛のように大きなヤギがいます。



彼らは標高2500~3000mの断崖絶壁にいて、

冬はマイナス20度、30度は当たり前という、

とんでもないところで生きているのです。



他の動物からしてみれば、

「よくあんな不便で寒い所に住めるな」

と思われているかもしれません。



しかしちゃんと食べ物(高山植物)もあるし、

外敵のコヨーテが上がってこれないというメリットもあります。



他の動物にとって最悪な環境が、

シロイワヤギにとっては最高の場所なんです。



この状況はまさに 「ニッチ戦略」 そのものだと言えます。

生き物同士、きちんと住み分けができているんです。



ここ数年急激に伸びている、

「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」などは、

ニッチ戦略の代表的なものと言っていいでしょう。



高級料理で低価格なんてあまりに不合理なので、

そんなことやりたくても誰もできませんでした。



食材自体も高級だし、家賃も高い。



おまけにお店のブランド的にも、

安価で料理を出すわけにはいかなかったのです。



そこに目をつけたのが「俺の」シリーズです。



立って食べてもらうことでお客さんの回転率をあげ、

売り上げを伸ばそうと考えました。



普通の居酒屋の回転率が1.2~1.5回転なのに対し、

なんと「俺のイタリアン」は約3.5回転です。



「俺の」シリーズの工夫はこれだけではありません。



メニューをよく見てもらうとわかりますが、

料理は多少安くても、飲み物は別に安くないのです。



なので客単価自体は、他のお店と大差がありません。



だから結果的に「俺の」シリーズは、

料理を安くしても儲かっているのです。



他がやりたいけどできないことをやり、

その強みによって売り上げを伸ばす。



よく考えられていますよね。




秒でお届け!ミミヨリLIFEインフォメーション。
タイトルとURLをコピーしました